3月【 March 】

アクアマリン
Aquamarine
 
アクアマリンはエメラルドと同じ鉱物名ベリル(緑柱石)の海水青色の変種です。アクアマリンはラテン語の海水(aqua marina)を意味する言葉に由来します。古くから人魚の宝物と言われ、船乗り達の御守りとされてきました。アクアマリンは比較的、無傷で大粒の石が産出されています。海水青色が濃いほど良質とされています。

ブラッドストーン

Bloodstone

ブラッドストーンは濃緑色の地に赤色の斑点があるジャスパーです。歴史が古く十字架に架けられたイエス・キリストの血がジャスパーの上に垂れて出来たと伝えられています。またヘリオトロープ(heliotrope)太陽を呼び戻す石とも呼ばれています。

 

【追加された理由】

ヨーロッパの多くの国で3月の誕生石となっており、また歴史的背景も考慮し追加しました。

サンゴ(珊瑚)
Coral

サンゴは生物起源の宝石の一つです。サンゴ礁のサンゴとは別の種類です。色は白色、桃色、赤色などがありますが、最良のもは濃い赤色(血赤サンゴ)とされています。枝珊瑚の置物は拝見という名称でも呼ばれています。主な産地は高知県沖、小笠原諸島沖、沖縄県沖、地中海沖などです。1958年に全国宝石卸商協同組合によって、日本独自の誕生石として制定されました。

アイオライト

Iolite

アイオライトは鉱物名コーディエライトの青色の変種です。アイオライトはギリシャ語のios(紫色)とliyhos(石)に由来しています。和名で菫青(きんせい)石です。強い三色の多色性があり、方向により青紫色、灰黄色、淡青色がみられます。コーディエライトは地質学者ピエール・ルイ・アントワーヌ・コーディエに因んで名付けられました。バイキングが羅針盤として用いたと言われており、方向を示してくれる宝石とも言えます。

 

【追加された理由】

コーディエライトの青色の変種であるアイオライトはモース硬度も7−7.5と高く、とても綺麗な宝石です。コーディエライトの名前の由来であるピエール・ルイ・アントワーヌ・コーディエの誕生月が3月であることから、3月の誕生石となりました。